インディとアマチュアを中心にプロレス情報を発信します

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ビジター数合計

BBS 掲示板

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

BMI(体格指数)判定

身長と体重から
肥満の程度を判定します

身長 cm
体重 kg

メールフォーム

管理人"Devilboy"宛て
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

鴨志田プロレス 

kpg1.jpg色々なプロレス大会のパンフレットを整理していて面白いことに気づきました。
それは「鴨志田プロレス軍団(KPG)復活祭」というものです。
そのパンフレットの裏表紙に「KPG副社長 勝村周一朗」と書かれてあった。
勝村周一朗氏といえば、現在格闘家としてアクティブに活動しており、勝村道場も主宰してますよね。プロレスではリアルタイガーマスクとしてマニアの間ではちょっとした有名人です。なぜリアルタイガーマスクかというと、鎌倉の児童養護施設で働いていたことがあり、そこでのプロレスショーでタイガーマスク姿で登場していたことによるらしい。

その鴨志田プロレスというのは10年以上前に友人に誘われて観に行きました。情報はプロレス雑誌(週プロか?)の投稿欄だったらしい。アマチュア団体であることは想像できましたけど、いったいどんな団体なのかは見に行くまで全く不明でした。
場所は横浜市立鴨志田中学校体育館。そこは横浜市の郊外ですけど、近くに日本体育大学があり、自分も何度か来た事がある地域でした。ただ住宅地の中学校というのが妙に感じて、もしかして中学生プロレスか?とも思いました。
体育館には跳び箱とロープと体操マットで作った立派なリングがありました。どうやら予想どおり、この中学校の生徒による校内プロレス団体だったようです。今回は復活祭ということで、卒業後の高校生が開催した大会でした。その生徒の中に勝村氏がいたわけですね。


kpg2.jpg観衆は雑誌の宣伝効果もあって50人以上はいたと思う。右の対戦カードで「ビクトリー・SHU」というのが勝村氏ですね。試合内容も上手い下手は別にして、プロレスらしくて良かった記憶があります。定番の場外乱闘もありましたし・・。リングと離れた位置に高飛び用のマットも置いていたので、多分2階から落とすのではないか・・と思っていると予想どおり場外乱闘から体育館2階に連れて行き2階から投げ落とすシーンもありました。そんなこんなで1時間ちょっとの興行は上出来でした。
公認か黙認かは知らないが、この中学校にも場所の提供等で理解ある先生がいたということですよね。


このようにプロレスラーや格闘家は、中学や高校時代から仲間内でプロレスをしていた人も多いですよね。こういう大会は再び復活しても面白いと思います。

↓勝村周一朗オフィシャルサイト
http://procland.com/katsumuracom/

人気blogランキングへ



スポンサーサイト
2006/04/14 01:00|アマチュアTB:0CM:0

Pro-Wrestling SECRETS 

EXPOSED!
Pro Wrestling's Greatest SECRETS


wrestlimg_secrets.jpg米国のアマゾンから入手したビデオです。
プロレス最大の秘密を暴露ということで、現役レスラーの覆面座談会のようなものです。

プロレスは対戦相手に対する信頼と思いやりを持ってお互いに協力しないと成り立ちません。それがないとただの喧嘩のような展開になり観客は面白くありません。
アメリカのエンターテイメントプロレスでは 勝敗はもとより試合展開まで細かい筋書きがあります。筋書きの度合いは団体により様々ですけど・・。

ビデオの内容はシークレットというほどのものではなく、プロレスファンの多くが知っている内容ではあります。現役レスラーが実演付きで暴露するところにこのビデオの価値があるのでしょう。

例えば入場シーンで悪役レスラーが少年ファンのサイン帳を奪って破り捨てる・・・少年は泣きべそをかき、周囲の観客はブーイング。
次のシーンではラフファイトに抗議する老婆を突き飛ばす・・・おばあさんが転び、周囲は一斉にブーイング・・。実は少年も老婆も出演者であり、ブーイングを先導する人々も周囲に放っているわけです。

様々なプロレス技は、観客には痛そうに見せてレスラーはダメージを小さくするのが基本です。
それは受身を上手くするのは勿論ですけど、攻撃側と受身側の共同作業です。
投げ技、打撃技、パンチ、キック・・・ビデオの内容はどれもだいたい知っている内容です。
流血シーンではレフリーから小さな刃を受け取って、額をコーナーにぶつけられて痛そうに額を手で押さえる時に自分で切ります。額はちょっと切るだけで、大した傷じゃなくても見た目は大流血に見えますからね。このビデオではレフリーでしたけど、他には場外乱闘の際に放送席の実況者や解説者というケースもあります。昔は日本でも海外でも血のりを使ってた時期がありますけど、観客の目が肥えてきたので現在は本物の流血を見せる団体が多いようです。

リングにはスプリングが入っていて板張りのトランポリンみたいな構造であることは知ってますよね。
そのリング下には増幅マイクが仕掛けられており、大会場の大観衆の中でも打撃音が響き渡る仕組みです。
このビデオではマイクのON・OFFでボディスラムの音を比べることができます。


アマチュアプロレスや学生プロレスをやっている人は念の為、このビデオを見る価値はあると思います。ただし英語版のみですから解説は英語が分からないと十分に理解できないかもしれませんけど・・。





この記事の続きを読む…
2006/04/13 23:22|プロレスビデオ・DVDTB:0CM:0

引越しもプロレス? 

もう4月ですね。4月といえば、進学や就職・転勤等で心機一転の季節・・・それに伴う引越しシーズンでもあります。
ところで 引越しといえば・・・
「引越しもプロレス・・・プロレス運輸」というのがある。トラックのボディにはライガーなどの新日本プロレスのキャラクターが描かれており、首都圏でも時々見かけることがある。プロレスラーが引越し作業をするのかと思うかもしれないが、これは引越専門の運送会社でレスラーが来るわけではありません。新日プロと企画・宣伝・販促の提携をしているだけで、新日本プロレスが経営しているわけでもありません。経営者がプロレスファンであったために引越し業界にプロレスという違和感のある名称を掲げることで注目されることを狙ったわけです。全国展開を目指すなど、そこそこ成功しているようです。

それとは別に横浜市都筑区に「レスラーズ運輸」という小さな引越し専門の運送会社がある。こちらは大日本プロレスのレスラーであるアブドーラ小林氏が経営しており、従業員も全員大日本プロレスのレスラーだ。ここに依頼すれば、実際に本物のレスラーが作業に訪れるわけです。最初は「大日本プロレス運輸」という会社名でしたが、先にプロレス運輸が運送業でプロレスという名称を商標登録していたために訴えられ、レスラーズ運輸に名称変更しました。
引越しでプロレス・・というと、どうしても“二番煎じ”という印象になりがちですが、本物のレスラーが引越し作業をするという点が大きく異なります。

きっかけは地方巡業中の事故で4tトラックが廃車になったことだそうです。そんなとき、OA機器の運送を行っている小林さんの知人に、荷物運びの交換条件として地方巡業の際にトラックを貸してもらうことで合意したそうです。その後、力自慢のレスラーに荷運びというのはうってつけだと思い、引越しの運送会社を立ち上げることになったのだそうだ。

プロレスという看板だけ借りるというのと 本物のレスラーが作業をするという違いはメジャー団体とインディ団体の違いからでしょう。
メジャーのレスラーはリングでの試合という本業だけで生活できますが、インディー団体は試合数も少なくファイトマネーも歩合制でしかも安いわけですから、本業だけでは生活できません。だからインディーのレスラーのほとんどは試合のある日以外には居酒屋などでアルバイトをしているのが現状です。
さらに、プロレスはやろうと思えば70歳くらいまでできますが、過激さで競うインディーでは40代までが限界でしょう。だからインディーのレスラーの多くは将来への不安もあるようです。
それらのことが契機となり、レスラー自ら会社を立ち上げることになったのでしょう。

昨年夏の開業以来、ファンの間で口コミで広がり、今では月に10件程度の依頼があるらしい。
引越しは力も必要ですが、専門的なノウハウが重要ですから、実際の仕事ぶりがどうなのかは見てみないと分かりませんけど・・・。
見積もりをとって他社と比べる際に、金銭的なことの他に「プロレスラーが引越しに来る」というのもプロレスファンにとっては選択肢になるんじゃないのかな? 自分なら作業の上手い下手はともかく、自宅にレスラーが来て引越し作業をしてくれるのならレスラーズ運輸に依頼したい(引越しの予定が無いのが残念ですけど・・)。
興味のある方で、機会があれば依頼してみてはいかがですか。

■レスラーズ運輸HP
http://www.bjw-exp.com/

人気blogランキングへ

2006/04/02 00:30|プロレス全般TB:0CM:0

プロフィール

Devilboy

Author:Devilboy
年齢:永遠の10歳
住所:関東の奥地

プロレスとホラー、妖怪が好き
好きなレスラー:
エル・サント、上田馬之助
好きなキャラクター:
墓場鬼太郎、呪怨の俊雄クン

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Ranking


人気blogランキングへ

おすすめ商品




Copyright(C) 2006 裏庭プロレス通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。