インディとアマチュアを中心にプロレス情報を発信します

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ビジター数合計

BBS 掲示板

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

BMI(体格指数)判定

身長と体重から
肥満の程度を判定します

身長 cm
体重 kg

メールフォーム

管理人"Devilboy"宛て
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

西口プロレス カウントダウン '06/'07 

西口プロレス

「笑う大みそか ~おとこのこまつり 06/07~」 

今年も西口プロレスがカウントダウン興行をやります。
今年は熊本の三井グリーンランドです。
所属選手ほぼ全員出場予定!

■日時:2006年12月31日 22時~(開場21時~)
■会場:熊本・三井グリーンランド レインボードーム
■料金:観戦は無料ですが入園料が必要です。

  入園料:おとな 1200円、こども/シニア 600円(中学生以下/60歳以上)
  アトラクションも利用できるフリーパス(入園料込 大人4700円、子供3950円ほか)もあります。

 ※正午よりレインボードーム向かって左側(ショップ「マジカルハウス」裏)
  にて入場優先整理券(限定1000枚)を配布予定。入場優先整理券がなくても観覧可能。

●小力パラパラと年越し花火
小力パラパラと三井グリーンランド名物の3000発の
イッキあげ花火でカウントダウンを盛り上げます。

自分としてはK1やPRIDE よりも西口プロレスのほうが観たいですけど・・。
熊本じゃあ どうしようもありません。
昨年は富士急ハイランドでしたね。
草プロレスとはいえ遊園地で観戦無料のカウントダウンというのは良いことですね。
近隣の方は出かけてみてはいかがですか。

★西口プロレスHP
★三井グリーンランドHP

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2006/12/25 22:22|インディーTB:0CM:0

Dynamite!!・・キッドの対戦相手はアテネ五輪金メダリスト! 

大晦日 大阪・京セラドームにて開催される、TBS/MBS/FEG『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』で山本“KID”徳郁(KILLER BEE)の対戦相手がグレコローマンレスリングアテネ五輪55kg級金メダリストのイストバン・マヨロシュ(ハンガリー)に決定しました。

<現在までに決定している対戦カード>
■HERO'Sルール 5分3R
山本“KID”徳郁(日本/キラービー)VS イストバン・マヨロシュ(ハンガリー)
■K-1ルール 3分5R
武蔵(日本/正道会館)VS ランディ・キム(韓国/フリー)
■HERO'Sルール 5分3R
金子 賢(日本/フリー)VS アンディ・オロゴン(ナイジェリア/チーム オロゴン)
■HERO'Sルール 1R・10分、2R・5分、延長1R・5分
秋山成勲(フリー/初代ライトヘビー級王者)VS 桜庭和志(フリー)
■K-1ルール 3分5R
魔裟斗(シルバーウルフ)VS チェ・ヨンス(韓国/KAHN GYM/元プロボクシングWBA世界Sフェザー級王者)
■HERO'Sルール 5分3R
所英男(リバーサル)VS ホイラー・グレイシー(ブラジル/グレイシー・ウマイタ)
■HERO'Sルール 5分3R
永田克彦(新日本プロレス)VS 勝村周一朗(勝村道場)
■HERO'Sルール 5分3R
曙(チームヨコヅナ)VS ジャイアント・シルバ(ブラジル/フリー)



この記事の続きを読む…
2006/12/16 01:00|プロレス全般TB:1CM:0

教育基本法案は可決・・やらせにいじめに問題山積 

学校での いじめや高校の未履修問題、
タウンミーティングでのやらせで世論誘導・・・
これらの問題が何一つ解決されないまま、
本日の参院本会議で59年ぶりとなる教育基本法改正案が与党の賛成で可決されました。

昨日の参院教育基本法特別委では与党が強行採決しました。
これには円満採決という与野党合意のシナリオがあったらしいのですが、
中曽根弘文委員長の段取りミスで、成り行きで強行採決になってしまったようです。
シナリオでは委員長が審議打切りを宣言・・野党が委員長席に詰め寄り抗議・・収拾がつかないとして休憩を宣告・・再開後審議を若干継続して円満採決(与党賛成 野党反対で可決)という予定だったそうです。
ところが、委員長が与野党が合意した段取りをよく把握していなかった為に休憩前の野党の猛抗議という場面(もちろん演技)が出来なくなり、せっかくのシナリオも台無しになりました。

徹底抗戦とか言ってた野党ですけど、実は与党と打ち合わせをしていたわけですね。
タウンミーティングのやらせどころか国会でもやらせやってたんです。
野党の抗議というのは国民向けのパフォーマンスで、
与党はその演技をやらせてやる見返りに採決の妨害をしない(円満採決)という約束を取り付けていたわけです。
まあ こういう猿芝居は昔から国会での常套手段ですけどね。
結局は与野党馴れ合いなんですよ。
いずれにしても阿倍総理の指導力の無さに起因することですけど・・。

#学校関連では いじめと自殺とプロレスごっこも・・

この記事の続きを読む…
2006/12/15 23:00|日記TB:0CM:0

東スポ・プロレス大賞2006 

東京スポーツのプロレス大賞2006が発表されましたね。

結果は・・・
■最優秀選手賞:鈴木みのる
■年間最高試合ベストバウト:丸藤正道 vs KENTA(10/29(日)NOAH 日本武道館)
■最優秀タッグ:ブードゥー・マーダーズ(TARU、諏訪魔、近藤修司、“brother”YASSHI)
■殊勲賞:丸藤正道
■敢闘賞:棚橋弘至
■技能賞:CIMA
■新人賞:HG
■話題賞:メカマミー
■カムバック賞:高山善廣
■功労賞:ブラック・キャット、大木金太郎、ラッシャー木村、永源遙
■女子プロレス大賞:該当者なし


ベストバウトには他に
「伊東vs佐々木貴」「佐々木貴vs小林」「佐々木貴vs沼澤」
 の3試合もノミネートされました。
自分的には大日本が大きく評価されたことは嬉しい。
サムライTVを観たら、これは特別選考委員の内舘牧子氏の推薦らしい。
メジャーばかり注目されがちですけど、インディもそれなりに評価していいと思います。

この記事の続きを読む…
2006/12/14 22:00|プロレス全般TB:1CM:0

 

..,<<
2006/12/13 23:33|お祭り・イベントTB:0CM:0

横国プロレスが教育基本法対決! 

061205b1c.jpg今朝 新聞をなにげなく読んでいると・・・
横国プロレス(横浜国立大学プロレス研究会)が12月4日 横国メディアホールで“教育基本法を考えるプロレスショーを開催”という記事(12/5 朝日新聞朝刊・神奈川版)を見つけました。記事の詳細については図書館等で読んでください。

なんでも教育基本法改正の問題点を多くの人に考えてもらおうと企画したらしい。
改正案賛成派の2人と反対派の2人がそれぞれの主張を戦わせながらタッグマッチを行ったようだ。
またもや意味不明にも思えますが、タイムリーなネタを無理矢理プロレスに取り入れるのも学生プロレスの面白いところですから、これはこれでイイんじゃないかな。

記事によると、横国プロレスが政治的なテーマを扱うのは初めてだそうだ。
そういえば、最近は学プロでの政治ネタはあまり見ませんねえ。
昔の学プロは芸能ネタと並んで政治ネタも多かったですけどね。
最近では米国のテロ直後に、東海大だったかな?
「教師びんびんラディン」の炭素菌攻撃には笑いました。
とにかくマニアックな学プロが一般紙に載るのも面白いですね。


横国プロレスといえば、今年の夏にPRIDEをサポートするためにママチャリで列島縦断するとかいう企画もやってましたよね。
このプライドサポーターの旅に関しては毎日新聞(10/27・夕刊)にも掲載されてました。
横国も以前はUWF(関東学生プロレス連盟)と合同興行をやっており、自分もよく見学に行きました。でも今は単独で独自路線のようですね。
今年も横国の学祭興行は見にいけませんでした。
ネットで探してみると、学祭興行の映像が
Ameba Vision に15秒ほどの動画でアップされてました。
キーワード「横国プロレス」で検索すれば出てきますので興味のある方はどうぞ!

人気blogランキングへ
2006/12/05 23:50|学生プロレスTB:1CM:0

blog デザイン変更 

ブログのデザインを変更しました。
表示が不具合な部分もありますが、徐々に修正したいと思います。
IE以外では レイアウトが崩れる場合があるかもしれません。

このFC2ブログはテンプレートが1000種類くらいあるから、
どのデザインにしようか迷ってしまいます。
でも自分はシンプルなのが好きですから、
結局同じようなデザインを選択してしまいます。
メールフォームも付けましたので、
ご意見ご感想があれば送ってください。

それよりホームページの方は1年以上経っていまだに工事中です。
仕事も忙しくなりますが、更新は今までどおり気まぐれです。
2006/12/03 23:00|日記TB:0CM:0

山本キッドが年末のDynamite!に参戦? 

先日のスポーツ紙(ディリー)によると、山本“KID”徳郁 が
K-1「Dynamite!!」(12/31・京セラドーム大阪)に参戦の意向だとか・・。

彼は今年の7月に、2008年の北京五輪を目指して
アマレスにカムバックするとか言ってましたよね。
プロ格闘技との二足のわらじではなく、
アマレスに専念するはずだったのでは?

まあ一度でもプロの舞台に上がったら
地味なアマレスの練習ばかりだと気持ちに迷いも出るでしょう。。
華のある舞台に出場したくなる気持ちもわかりますが、
そういう誘惑に負けていたら五輪出場も難しいと思います。

それにアマ復帰戦の予定だった18日のNYACオープン(米国)の
出場を調整不足を理由に回避しましたよね。
本当に調整不足だったら、
K-1なんかに出てる場合じゃないと思いますが・・。

来年1月のレスリング全日本選手権には協会推薦で60kg級に出場予定です。
その日本選手権は2007年9月の世界選手権(アゼルバイジャン)の選考を兼ねてます。
その世界選手権は北京五輪の出場権が懸かるわけですから、
事実上 1月の全日本選手権から北京五輪の選考が始まるわけです。
アマ復帰戦がいきなり北京五輪の選考スタートというぶっつけ本番で大丈夫なのかな?

オリンピック目指してアマレス一筋に頑張っている選手がたくさんいるわけで、
彼らからすればキッドの行動に対して批判的になるのも当然でしょう。
腕にあんな刺青して五輪に出られるのか?・・なんて意見はさておき、
オリンピック出場は甘いものじゃありませんから、今後に注目したいと思います。

山本徳郁選手については小学生時代から全国大会で注目してみてきました。
ちょうど私がボランティアで少年レスリングのコーチを始めた頃でした。
多くの子が力ずくで勝負しているのに対して、徳郁君は高度なテクニックで
相手の力を利用してあっさりとフォール勝ちしてました。
セコンドについている父親も存在感がありましたし・・。
将来は間違いなく五輪に出場するだろうと思ってました。
それがプロ格闘家への道へ進んだことは自分的には残念でした。
まあ他人の人生ですから、本人が悔いの無いように行動すれば良いわけですけど・・。
とにかく 精一杯ガンバレ!

私生活では先月長女が誕生したらしいですね。
神の子の子だから、神の孫ということになりますね。

人気blogランキングへ
2006/12/02 22:00|プロレス全般TB:0CM:0

プロフィール

Devilboy

Author:Devilboy
年齢:永遠の10歳
住所:関東の奥地

プロレスとホラー、妖怪が好き
好きなレスラー:
エル・サント、上田馬之助
好きなキャラクター:
墓場鬼太郎、呪怨の俊雄クン

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Ranking


人気blogランキングへ

おすすめ商品




Copyright(C) 2006 裏庭プロレス通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。