インディとアマチュアを中心にプロレス情報を発信します

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ビジター数合計

BBS 掲示板

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

BMI(体格指数)判定

身長と体重から
肥満の程度を判定します

身長 cm
体重 kg

メールフォーム

管理人"Devilboy"宛て
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

「週刊ゴング」 休刊 

b0703gong.jpgプロレス雑誌の老舗「週刊ゴング」が、
3月14日発行の通算1168号をもって休刊となりました。
「ゴング」は1968(昭和43)年から月刊誌として発行され、
1984(昭和59)年に週刊誌へと移行し、39年間発行されました。

先月末頃から一部の夕刊紙が報じたことで、
ネット上でもデマだの本当だのと噂が広まってました。
発行している日本スポーツ出版社が報道を否定していましたが、
結局は噂は本当となり、休刊ということになりました。
休刊と言って復刊する例は非常にまれですから、事実上の廃刊でしょう。


これからは週刊誌では「週刊プロレス」だけになりますね。
昔は情報収集は雑誌しかなかったわけですけど、
現在はネットの時代ですから、今後も紙のメディアの苦戦は続くと思います。


20年ほど前のプロレス雑誌は、月刊誌と週刊誌がひしめき合ってましたよね。
週刊誌は老舗の「週刊プロレス」と「週刊ゴング」があり、他に
「週刊ビッグレスラー」と「週刊ザ・プロレス」がありました。
あと、昨年秋に廃刊となった「ファイト」というのもありましたね。

ファンの間では「週プロ派」とか「ゴング派」とか言われてました。
自分はどちらでもなく、本屋で立ち読みして、
興味のある記事があれば、適当に購入してました。
手元にあるのは週プロが500冊くらいで、ゴングは100冊ぐらいです。
自分はマニアックなものが好きなので、
「週刊ビッグレスラー」と「週刊ザ・プロレス」は ほぼ毎週購入していました。
あえて言えば、蚊帳の外の「ビッグレスラー派」でしたかね。
「ビッグレスラー」と「ザ・プロレス」は週プロやゴングでは
ボツになりそうな記事や読者投稿でも掲載されるのが好きでした。


確かにスポーツ雑誌にとってインターネットの普及は大きいと思います。
自分もここ5~6年を考えても、本屋で立ち読みすることすらなくなりました。
でも紙面でしか味わえないような魅力を追求すれば
雑誌も生き残る道はあると思うのですが・・・。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2007/03/25 22:00|プロレス雑誌・書籍TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://byw.blog31.fc2.com/tb.php/105-7425ce97

プロフィール

Devilboy

Author:Devilboy
年齢:永遠の10歳
住所:関東の奥地

プロレスとホラー、妖怪が好き
好きなレスラー:
エル・サント、上田馬之助
好きなキャラクター:
墓場鬼太郎、呪怨の俊雄クン

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Ranking


人気blogランキングへ

おすすめ商品




Copyright(C) 2006 裏庭プロレス通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。