インディとアマチュアを中心にプロレス情報を発信します

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ビジター数合計

BBS 掲示板

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索

BMI(体格指数)判定

身長と体重から
肥満の程度を判定します

身長 cm
体重 kg

メールフォーム

管理人"Devilboy"宛て
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

男子レスリングで連続メダル獲得記録死守/北京五輪 

北京五輪男子レスリング・フリースタイルは19日、55キロ級と60キロ級が行われ、
松永共広(55kg級)が銀メダル、湯元健一(60kg級)が銅メダルを獲得しました。

レスリングも日本の“お家芸”の一つで、1952年のヘルシンキ大会から続いている五輪連続メダル獲得記録を14に伸ばしました。

松永共広選手 銀メダルおめでとうございます
湯元健一選手 銅メダルおめでとうございます

20日は66キロ級の池松和彦が登場したが初戦(2回戦)で敗退。
敗者復活戦にも回れませんでした。

これより重い階級には日本選手は出場していません。
メダル最有力だったグレコの笹本選手が敗れたことで、
メダルの伝統を途切れさせてはいけないというプレッシャーのなかでよく戦ったと思います。


日本が出場したのはグレコ3階級、フリー3階級で全14階級のうち軽量級中心の6階級のみ。
重い階級は出場権すら得られないのが現状です。
裾野が狭いですから、今後も少数精鋭で挑んでいくことになりそうです。
昔の日本は強かったようですけど、今は厳しい状況です。

欧米ではレスリングは子どもの頃から親しんでいる裾野の広いスポーツです。
日本では五輪ではお家芸といわれますが、実態はマイナースポーツなのです。
最近は見た目には少年レスリングが盛んになってきましたが、
中学生になって続けて練習ができるところが非常に少ないのが問題です。
高等学校にはレスリング部がそこそこありますが、中学校では数えるほどしかありません。
各地の少年レスリングクラブも多くが零細な団体ですから、
指導者確保や資金面で中学生選手を受け入れる余裕がないのが現状です。
少年レスリングで育った優秀な選手が、中学生からは練習を続ける環境を確保するのが困難なのです。
少数精鋭で五輪目標の選手育成が中心となれば、ますます敷居が高くなる気がします。
レスリングをする者が必ずしもインターハイだの五輪だのを目標にしているわけではありません。
裾野を広げるには、子どもの頃から気軽なセカンドスポーツ(健康増進、礼儀、他のスポーツの基礎体力など)として普及させるべきだと思いますが、協会の偉いさん方は五輪しか頭に無いのかな?

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2008/08/20 18:29|アマチュアTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://byw.blog31.fc2.com/tb.php/216-6c56d3c1

プロフィール

Devilboy

Author:Devilboy
年齢:永遠の10歳
住所:関東の奥地

プロレスとホラー、妖怪が好き
好きなレスラー:
エル・サント、上田馬之助
好きなキャラクター:
墓場鬼太郎、呪怨の俊雄クン

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Ranking


人気blogランキングへ

おすすめ商品




Copyright(C) 2006 裏庭プロレス通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。